2018年12月13日
健食通販売上、14ヵ月ぶり増 TV通販が好調

 日本通信販売協会は12月4日、2018年10月度の通信販売売上高調査を発表、健康食品が14ヵ月ぶりのプラスとなったことがわかった。TVショッピングが好調だったほか、10月は複数の専業企業で状況が上向いた。

 調査対象は、通販協正会員465社のうち理事社・監事社を中心とする130社。10月の総売上高は1,171億円で、前年同月比は0.1%増とほぼ横ばいだった。

 健康食品の通販売上高は122億4,700万円で、同1.7%増。14ヵ月ぶりのプラスとなった。通販全体に占める健康食品の割合は10.5%で、前年同月から0.2ポイント増えた。

 健食通販売上高が久しぶりの増加になった背景としては、「TVショッピングのプラスが大きい」(通販協)という。またこれまで伸び悩んでいた健食通販専業企業でも、複数の企業がプラスとなった。



詳しくは健康産業速報第2288号(2018.12.7)で

来場事前登録はこちら
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
宿泊プランのご案内
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る