2018年11月15日
【静岡県】 食品開発戦略、「目標上回る成果」

 静岡県は、機能性食品開発などを盛り込んだ「フーズ・サイエンスヒルズプロジェクト第2次戦略計画」改定案を発表した。戦略は2015年度からの5年間が対象。目標を上回る成果が得られる見込みといい、事業化件数(市販された製品の件数)などの目標数値を上方修正したほか、「機能性素材の成分分析」「化成品の開発強化」などを明記した。

 計画では、機能性食品に対するニーズの高まりを指摘。第2次計画では、県中部地域の地域資源を活用することで、機能性食品など高付加価値型食品を創出、県内経済の発展を目指す
としている。

 県では、機能性表示制度を活用した地域企業の製品開発を促進。新たに追加した「機能性素材の成分分析」では、地場産品等に含まれる機能性素材の成分量等を検査センターと連携して分析、製品化を支援する。

 計画ではこのほか、「企業誘致の促進」「機能性表示による付加価値の『見える化』」などを盛り込んでいる。県の担当者によると、8月末時点で受理された機能性表示食品の3割以上が静岡県で生産されている。今後も機能性表示食品について、企業の届出支援を行っていくとしている。



詳しくは健康産業新聞第1655号(2018.11.7)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る