2018年11月14日
えがお健幸財団、熊本県内の小学校へ紙芝居セットを寄贈

 総合健康関連企業㈱えがお代表取締役社長の北野忠男氏が代表理事を務める(一財)えがお健幸財団は10月24日、社会貢献事業として熊本県内の小学校14校に紙芝居セットを寄贈。同日、宇城市立河江小学校にて寄贈式を実施した。

 寄贈式では、同財団評議員の北野晶さんより「紙芝居を通して心の健康を育み、みんなで仲良く使ってください。そして世界一の笑顔の素敵な人になってください」との挨拶に続き、同校卒業生でJリーグ・ロアッソ熊本の巻誠一郎選手が「紙芝居を読んでいろんな夢を持つきっかけにし、みんなで仲良く笑顔で学校生活を送ってください」と挨拶。児童からは「もうすぐ読書週間なので、紙芝居をみんなで楽しみたいと思います」とお礼の言葉が述べられた。

 同財団では、2015年より同活動を開始し今年で4年目となる。一昨年、昨年に続き、今年も熊本地震の被害が大きかった県内の小学校14校への寄贈を行った。




詳しくは健康産業新聞第1655号(2018.11.7)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る