2018年11月5日
ビオセボンジャポン、20年までに50店舗目指す

 イオンが出資するオーガニックスーパー「ビオセボン」の運営会社であるビオセボン・ジャパン代表取締役社長の土谷美津子氏は、本紙取材に応じ、新規出店について「2020年までには50店舗を目指したい」と語った。

 オーガニック市場の展望について土谷氏は、「オリンピックが転換期だと考えている。オーガニック商品を目にする機会が増えれば消費者の意識も変わってくる」として、今は業界全体で市場拡大に努めることが重要との考えを示した。

 今後の出店スケジュールについて、10月26日に東京・碑文谷に5号店をオープン、11月1日には東京・東武百貨店池袋店に6号店、同9日には東京・赤坂に7号店、12月には横浜・元町に8号店を出店することを明らかにした。店舗の規模や商品構成は、「買い物の利便性が高まるように模索しながら進めていく」としている。




詳しくは健康産業速報第2276号(2018.10.26)で

来場事前登録はこちら
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
ページトップへ戻る