2018年10月30日
オメガ3系脂肪酸で抗不安効果確認

 国立がん研究センターは9月15日、台湾の研究グループと共同で、オメガ3系脂肪酸の摂取による不安症状の軽減をメタアナリシスで確認したことを発表した。今年3月4日までに公表された研究論文について、①人を対象にオメガ3系脂肪酸の抗不安効果を評価した臨床試験(ランダム化・非ランダム化)でピアレビュー雑誌に出版されたもの(言語の制約は設けず)、②対照群はプラセボ使用の有無について問わない、③研究参加者は健常者・精神疾患患者・身体疾患患者の、3つの基準で臨床試験を選定。計2,240人の不安症状を訴える人を対象とした19件の臨床試験を検討し、オメガ3系脂肪酸を少なくとも2,000mg摂取した場合に抗不安効果が確認できること、身体疾患や精神疾患等の臨床診断を抱えている場合に効果が高いことを明らかにした。

 オメガ3 系脂肪酸摂取による抗不安効果については、以前よりマウス実験等で示唆されてきたが、これまでに報告されてきた臨床研究では結果のばらつきが大きく、効果があるかどうかが明らかにされていなかった。

 発表では今後の展望として、海洋由来EPAとDPA、植物由来α-リノレン酸について、「いずれが不安軽減にもっとも有効であるか検討する研究が必要」と指摘。また、がんサバイバーで「がん再発不安」と「血中オメガ3 系脂肪酸」の関連が分かった場合、臨床試験によって「科学的根拠に基づく機能性食品開発につながることが期待される」としている。



詳しくは健康産業新聞第1654号(2018.10.17)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

来場事前登録はこちら
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
ページトップへ戻る