2018年10月23日
新潟市、“健幸”づくり応援食品を推進

 新潟市では、「健幸づくり応援食品」認証制度の推進に取り組んでいる。機能性に関する科学的報告がある成分を含む食品などに対して、市が認定する独自制度で、生鮮食品または加工食品(サプリメントは除く)を対象としている。

 認定には2種類あり、第三者機関による分析結果に基づき、特定の成分を対象に含有量を認定するパターンAと、関与成分を対象としたヒト介入試験を査読付き学術論文誌に掲載された論文により提出することなどが要件となるパターンB。

 パターンAは「健康な身体づくりのためにこの食品(対象栄養成分)の含有量を新潟市が認定したものです」、パターンBは「この食品が含有する(関与成分)は、『健康な身体づくりのための科学的な報告』があることを新潟市が認定したものです」という認定文言を使用できる。

 10月4日には、3品の認定食品を発表。累計認定食品は10品(7社)となった。新潟市では、農産物を含む市内産食品の高付加価値および市民の健康維持・増進につなげていく。





詳しくは健康産業新聞第1654号(2018.10.17)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

来場事前登録はこちら
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
ページトップへ戻る