2018年10月5日
化粧品市場活況の裏に、深刻化する人材不足

「人手が足りない」-どこの化粧品受託メーカーを取材しても、同様の言葉が聞かれる。受注量の急増に対し、新工場の建設や充填機など設備面の増強は進んでも新工場での人材確保、機械を動かすオペレーターの不足に悩む企業は少なくない。箱詰めや包装など単純作業を担うパートやアルバイトがなかなか集まらず、営業部や研究開発部など他部署の従業員がサポートに回っているという話も多く聞かれる。

人材不足は化粧品製造現場だけのことではない。化粧品の原料や容器、製造機械のメーカーでも人材不足、働き方改革に伴う従業員の残業や休日出勤の是正などを背景に、急激な生産量の増加に対応することが困難になっている。なかでも昨年は、シャンプーやボディソープなどに使用されるポンプ容器の不足が深刻だった。国内最大手の容器メーカーが生産キャパを超過したことで、3~4か月から半年待ちもザラだった。現在も容器は不安定な供給状態が続いているという。

また原料の不足も囁かれている。なかでも様々なスキンケア化粧品配合される基本成分であるBG(ブチレングリコール)の供給がタイトになってきているという。

多品種製造や小ロット製造が主体の受託製造という事業柄、大手企業であっても生産工程の全てをオートメーション化することが難しいという現状もある。人材不足を補うため、中国人やベトナム人、フィリピン人など外国人技能実習生の受け入れに着手した企業も見られる。


詳しくは健康産業新聞第1653号(2018.10.3)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

来場事前登録はこちら
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
宿泊プランのご案内
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
ページトップへ戻る