2018年8月30日
「機能性表示」摂取経験3 割強 徳島県で消費者調査

消費者庁は7月27日、「健康と生活に関する社会実験プロジェクト」に基づき徳島県で実施した調査の結果を発表、機能性表示食品の摂取経験があるのは3人に1人の割合だった。調査は今年1月、徳島県内に在住するとくしま生協の組合員を対象に実施、3,467人からのアンケート結果を集計した。

保健機能食品について、「どのようなものか知っていた」との割合は、特保が47.3%、栄養機能食品が21.7%、機能性表示食品が16.2%。認知度はいずれも2016年度に実施した全国調査を約5ポイント上回った。

保健機能食品のいずれかを知っていた3,242人を対象に、この1 年間の摂取状況を聞いたところ、「継続的に摂取している」「摂取したことがある」の合計は、特保が63.7%、栄養機能食品が42.6%、機能性表示食品が33.5%となった。保健機能食品のいずれかを知っていた人で、保健機能食品にある「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」との表示を見たことがあるのは58.3%だった。

実験の実施期間は17~19年度。今後、モニターの行動がどのように変化していくのかを調査していく。


詳しくは健康産業新聞第1650号(2018.8.15)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

来場事前登録はこちら
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
宿泊プランのご案内
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
ページトップへ戻る