2018年6月28日
【健食受託加工・製造】急成長の「スポーツ」が3位に

加工・製造の受注件数が伸びている商品カテゴリーについて聞いたところ、今回も「美容・美肌」が43ポイントでトップ。素材調査でも植物発酵エキス(酵素)、コラーゲン、乳酸菌といったところが上位を占めた結果を裏付けている。2位は例年同様に「ダイエット」(34ポイント)。そして3位には新たに「スポーツニュートリション」(27ポイント)がランクアップした。

現在、スポーツプロテイン市場は約300億円、スポーツアミノ酸市場も250億円程度と予測されているが、節目を迎えるタイミングと思われるのが東京オリンピック・パラリンピック。スパウト付きパウチのゼリー飲料などの伸びは大きく、この分野を手がける受託各社はフル稼働で新たなオーダーを受けにくい状況だ。

一方、受注が増えている剤形について聞いたところ、今回もトップは「顆粒」。スティックや三方シールなどの分包タイプが引き続き増加している。2 位は「錠剤」で3 位は「ハードカプセル」。4 位には「飲料」が入った。コラーゲンブームの再燃により美容飲料の一部で出荷が伸びている。また植物発酵エキス(酵素)も堅調に推移しているほか、リトルPETボトルなどの新たな形態の商品もヒットしている。


詳しくは健康産業新聞第1645号(2018.6.20)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
ページトップへ戻る